コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

介護殺人、12年間で少なくとも454件発生(医療介護CBニュース)

 要介護者となった家族や親族と心中したり、殺害してしまう「介護殺人」が、1998年から2009年の間に少なくとも454件発生していたことが、日本福祉大の湯原悦子准教授の調査で明らかになった。加害者の7割以上が男性で、夫が伴侶を殺してしまうケースが最も多く、男性が介護と向き合う難しさや老老介護の厳しい現状が浮き彫りとなった。

 湯原准教授は、全国紙や地方紙30紙の記事検索システムを活用し、1998年から2009年までに発生した殺人事件の記事を集めた上で、「被害者は60歳以上。介護が原因で親族や家族によって引き起こされた殺人事件や心中」だけをピックアップ。発生年度や加害者・被害者の性別、続柄、年齢などの項目に従って分類・分析した。

 その結果、1998年から2009年までの間に、少なくとも454件の介護殺人が発生し、461人が犠牲になっていることが判明した。加害者は464人で、73%の340人が男性だった。一方、被害者は461人で、72%の335人が女性だった。

  ケース別に見ると、「夫が伴侶を殺してしまう」(154件)と「息子が親を殺す」(151件)が圧倒的に多く、この2パターンだけで、全体の67%に達した。年ごとの発生件数では08年が54件と最も多く、以下、06年(49件)、09年と07年(46件)、03年(42件)と続く。最も少なかったのは1998年(24件)で、次いで少なかったのは、05年(27件)だった。発生件数について湯原准教授は「全体的に見れば、増減を繰り返しながら、右肩上がりで増えている」としている。

 湯原准教授は、「今回のデータは新聞報道された事件だけを集計したもの。報道されない心中などを含めれば、事件はもっと多いのではないか」と指摘。特に、家事や介護に不慣れな男性が世話をするケースでは、親族や担当のケアマネジャーに対し、「小さなシグナルを見落とさないよう、細心の注意を払って接してほしい」と呼び掛けている。


【関連記事】
介護に疲れても踏みとどまって!
個人を尊重する終末期の条件整備を
高齢者虐待防止法、介護者支援重点に見直し検討―山井厚労政務官
長期間の家族介護者ほど「心理的ストレス」に-厚労省調査
家族などの高齢者虐待、12%増の1万4889件-08年度調査

両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
<児童ポルノ>「ランキングサイト」削除要請 警視庁(毎日新聞)
メーデー 全国一斉に集会開催(毎日新聞)
<結婚>スピードスケート「銀」の長島選手 09年春に(毎日新聞)
<強盗>金券店から2人組250万円奪う 大阪駅前ビル(毎日新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなぎはらとしお

Author:やなぎはらとしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。